1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仕事でお世話になったことがある牛窪さん。とっても素敵な
女性なのだが、彼女が新刊を出したので早速読んでみた。

装丁のキラキラ感が女子心をくすぐるこの本は、
「オトナの恋愛」を楽しむ男女が、目に見えて減っている
なあと、牛窪さん自身が実感し、ホテルの力を借りてロマンチック
を盛り上げようという思いのもと書かれたなのです。

文章力と観察眼のおかげで、とても興味深く、
ラグホとは無縁のにこにこにとっては、へえ~の
連続。
昼と夜とで顔の変わる変身ホテルやら、帝国ホテル(大阪)
の香りのおもてなしとか行きたーーいって感じ。


今まで、素敵なホテルは旅行でという感じで海外や沖縄なんか
では泊まったことあるけど、都内のホテルはたまの友人との
ブランチくらいの利用で、なんだかこういう本で
各ホテルの素敵さや有効活用法を色々と説かれると、色々
行ってみたいなあという思いがふつふつ。

この値段でこの情報量はお得だ。

otona

ルールズ

『ルールズ』って知ってた?

理想の男と巡り合うための魅力的な女性になるためのマニュアル
本らしい。
女子たちとランチに行ったら、そこにいる皆が知っていて、
知らないと言ったら、翌日自宅からうやうやしく持ってきて
貸してくれた。

ほぉ~。こんな本があったのね。読んでみると、かなり私は
そのルールを破りまくっていることが判明。

美しくあるために、あらゆる手段を使ってください。
自分の鼻が嫌いなら、整形外科に相談します。髪はのばしてください。
たいていの男性は、もてあそぶことができる長い髪が好きなのです。
女性は女性らしい服装をしているのが好きなのです。脚に自信が
あれば、ミニスカートをはいてみましょう。



「にこにこさん、読み飛ばさないできちんと読んでくださいね!」
と念押しされたけれど、女の子はこういうのをしっかり読んで
研究しているのかと思うと、その努力たるや尊敬。

私は定義でいえば負け犬となるんだろうけれど、皆がこんなに
研究して、結婚をゴールにしているのであれば、なんとなく
好きな流れで生きているんだから、今の独身生活はあるべくして
あるのねと思う。

スイス


ダヴィンチコードを書いた、ダン・ブラウン氏の本を友達に借りて読んでみた。
“スピード感あふれ、ひねりと衝撃が連続の、タイムリミット・サスペンス“との紹介文があって、最初はなんとなく読みづらかったけれど(知識がないせいだと思われる…)、だんだん引き込まれていった。あっという間に読んじゃって、下巻をせがんでいる最中なのだ。

象徴学。反物質。。。普段の生活では、全く耳にしない言葉だし、ただ単に聞いただけじゃ、ちっとも興味わかないものを興味がわくようなストーリー展開でひきつけるブラウン氏はさすがって感じ。

けど、フリーメイソンとか、イルミナティとか、そういうのが存在してるのかなって思うだけで、どうしてこうわくわくしちゃうのかしら。

写真はスイス衛兵さんの写真。こういうところからスイスにも興味がわいてくる。とっても景観の美しい国だそうな。いつか行ってみたい。そして死ぬほど美味しいチョコレートも食べてみたい。



この本の影響か、あらゆるところで「○○の品格」という
フレーズブームがちょっと前に起きていて、どんなもんだろう
と試しに読んでみたけど、必読の本だと思う。

合理的や論理的であること。それはもちろん大切なことなんだけど、
それよかもっと根本的に大事なことがあるだろう、それが、
品格をつくる情緒であり形であり、論理じゃ片付けられない惻隠の
心だろってことを数学者(論理性に最も重きを置きそうなイメージ
のある)藤原先生が語っている。

いつの間にか刷り込まれていた欧米尊重があったけど、日本には
日本古来の素晴らしい情緒や形がありそこから独自の文化が多数
生まれていたこと、その現在失われつつある品格(貯金)の
おかげでいままで日本はアジアの一島国であるにかかわらず
不遇な目にあわず経済発展もできたことは突飛な話とはいえ
十分納得できる。

すぐ本に影響を受けちゃうのは単純だけれど、なんだか日本人
ながら日本をよく知らない自分が恥ずかしくなったし、
詳しく知りたいと思った。

しかし、あの穏やかそうな風貌の著者がこんなに歯にきぬきせず
斬りまくってる文章は新鮮だ。

今読んでいるもう一冊は、「帝都東京・隠された地下網の秘密」。
これもなかなか面白い。
kokka

東野圭吾さんの小説。体中に和彫りのタトゥーを入れた読書家の
美容師さんと話をしていた時に、東野圭吾のお勧め小説ということ
で教えてもらった一冊だ。

やらなきゃならないことがあったのに、読むのがやめられない。
あっという間に読んでしまった。
ボリュームもちょうどよく、伏線も色々張ってあって、
ミステリー好きにはお勧めだな。

課題は明日頑張ろう。とほほ。。。でも面白かった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。