1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスタンブルでは、アヤソフィアは外観のみ鑑賞、ブルーモスクとトプカプ宮殿を
40分くらいでちらみした程度であんまりじっくりは見られなかった。

一番印象的だったのは、ブルーモスク。ほんとは、スルタン・アフメット1世ジャミイと
いうらしく1616年に完成したそう。このモスク、昔は内部の装飾が青で統一されて
いた時があって、敷かれていたシルクの絨毯が光を反射し、青でキラキラしていた
から、ブルーモスクってあだ名がついたんだって。

今は青くないけど、なんつーか荘厳できれい。像の足と呼ばれるものすごく太い
円柱が中央ドームを支えているんだけれど、これは大理石かなんかで、空洞じゃ
なくて芯まで全部詰まっている。そこを囲んで中小のドームが広がっていっていて
本当に何といっていいのか分からないけれど頑丈で骨太だけど、見た目はがぜん優美。

私の中では大地真央的なイメージだわ。こんなのが遠い昔に作り上げられたと思うと
トルコの人を尊敬しちゃう。
金曜の午後はお祈りをするために群衆が押し寄せるらしい。外まであふれ出るから、
絨毯を持参するんだって。宗教って偉大だ。そんでもって、早朝の容赦ないボリューム
で流れるコーランにイスラームを感じ、異文化の旅は終了したのでした。

b b2



スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://2525kyou.blog14.fc2.com/tb.php/492-6856149b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。