1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 三谷監督の映画『ザ・マジックアワー』を見た。『ラヂオの時間』が一番好きだったけど、これも同じくらい好き。

ボスの愛人に手を出した手下が、売れない三流役者を殺し屋に仕立てて、生き残る道を画策するというストーリーだけど、なんと言っても、この売れない三流役者をしている佐藤浩市が素敵。

汚ないし、ずっこけだし、へんてこだけど、光っている。
応援したくなる愛すべき人なのだ。

コメディなんだけど、人が幸せに生きてくために必要なことは、好きなことに一生懸命であること
そのために立ち向かっていくことということが登場人物たちの行動やせりふにちりばめられていて、
なんだかみている人が元気になれるお話なのである。

いくつかのシーンで映画館が笑いに包まれて、なんだかその一体感のある空気感に、
こういうのが作り手冥利につきるんだろうなと思った。

若干、PRのために色々な番宣にでまくる監督には辟易したけど、そんだけ映画ってコストが
かかっているし、自ら宣伝マンになりきるのは、ある意味素晴らしいことよね。


magic
スポンサーサイト
コメント

なかなかおもしろそうだね。俺もたまには映画館で映画みてみようかな。横浜に引越ししてから、全然いかなくなっちゃった。川崎のチネチッタが行きにくくなってしまったので。

『ラヂオの時間』は、最後の「局の人?局の人?」っていうところがかなり好きです!
2008/06/17(火) 10:14:26 | URL | Marpin #-[ 編集]
まーぴんへ
面白いよー。お勧め!
私もラヂオの時間の最後のところ好き!
トラック野郎のけんさんのところだよね!
2008/06/19(木) 22:53:28 | URL | にこにこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://2525kyou.blog14.fc2.com/tb.php/437-1671971c
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。