1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期待しすぎてしまったせいか、なんだかイマニエル夫人(いまいち
よりもちょっと良くない)な映画だった。

絶望するくらい圧倒的な兵力や軍事力の差がある戦いだったのを
奇跡の一ヶ月間戦闘に導いたのは何だったのか、戦略なのか、
兵士のモチベーションを引き揚げた統率力なのか、天皇陛下や
日本国への圧倒的傾倒なのか、いまいちよくわからなかったし、
ヒューマンに寄るには心理描写が浅い気がする。ちょっと雑。

あくまで、これはにこにこの評価ですが、映画館に足を運ばなくて
よかったな。DVDで十分でした。

鑑賞前の期待が高すぎるとよくないのかも。

ioujima

スポンサーサイト
コメント
そう!
たしかに「イマ2L夫人」(もっと普及させてね)だった。
私も見終わって、ナンダカナー感でいっぱいだったよ。
あの戦争がなんだったのか、結局やっぱり、わからない。日本人がわからないのだから、イーストウッドにわかるはずもなく・・・ってことだな。
2007/08/22(水) 00:35:16 | URL | ガミガミ #-[ 編集]
ガミガミさんへ
ほんとですよね。イーストウッドにわかるまいと
思ってしまう。。。

しかし、結構評価高いみたいですね、この映画。
私にはわかりませぬ~。

そいえば、最近遅ればせながら下山事件を読み始めましたよ。興味部ぶかい。
2007/08/22(水) 21:41:57 | URL | にこにこ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://2525kyou.blog14.fc2.com/tb.php/341-9769fbaa
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。