1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急に聞きたくなったの。
PVはじめてみた。
ユーチューブって便利。



このときのレオ様にはときめいた。こうみるとやっぱ貫禄でてきたね。

スポンサーサイト
pannzu


大人のファンタジーという感じ。とっても好きになった映画だ。

1944年のスペイン内戦下、少女の成長を描くダーク・ファンタジーなんだけど、
父が戦死し、母の再婚した相手がものすごくファシズム野郎の大尉で
ばんばん人を殺し、実子である弟のみに愛情をそそぎ、彼女と母親を
もののように扱うんだな、これが。

彼女は辛い現実の中で、妖精や迷宮の守護神と出会うことで、自分が
おとぎの世界でプリンセスであることを知り、王国に戻るために現実と
迷宮の狭間で3つの試練を乗り越えるって話。

ほんとただのおとぎ話と違って残酷な現実を如実に表現していて辛く
なるんだけど、主人公の無垢さと映像美でなんとも言えない世界観がある。

全体的に暗いトーンの話だけど、胸が温かくなるシーンもちりばめられて。

最後は人によっては悲劇にとらえるかもしれないけど、私はハッピーエンドだと
思う。

週末は、ともだちの結婚祝い。幹事的な流れとなり、自然にあふれる
ところにしようと吉祥寺4号店をチョイス。

吉祥寺に住んでいた子から鳥良と思えないくらい情緒のあるロケーションだって、言われたので
選択したんだけど、当日はあいにくの雨。

かつ、入店したことのない甘さからか、庭に面した席ばかりかと思ったら
(よく考えたらそんなわけないのに~)、
めちゃめちゃわたしたちの席は屋敷の中で、ロケーションが存分に生かせなかった~。
予約をするときは庭に面したところで!という一言を忘れなかったら。。。


うぅー。へこむ。
みな楽しそうに飲んでたからまあ結果オーライなのかしらと、自分をなぐさめつつ。

toriyoshi


そして、なんだか体調が悪かったからか、家に帰ったら久しぶりに戻す。
ああー。若かりし日を思い出す。あんなに気持ち悪いのに、はくとどうして
すっきりするのかしら。体ってすごい。


うちの会社の某お偉いさんの指示で数ヶ月間、スポーツ紙を購読することに。

日経新聞とかチェックした後に、スポーツ紙を読むと、おんなじ朝の新聞なのに
ここまで違うのかと笑えるもんだね。

ゆっくり中身をチェックできないからちらみでチェックなんだけど、
野球、サッカー、ゴルフ、相撲、そんでもってエロと健康のネタ満載。

朝からこんなの読んでたら、ゆるゆる気分になっちゃう(笑)。

今日は芸能コーナーに高岡早紀のハリウッド進出のニュースが。
この人お騒がせな人だけど、なぜか憎めない。

なぜなら高校の同級生にそっくりなんだもん。
看護師になるといっていたゆう子さま、今頃お医者さんにでも
見そめられていそうだわ。
当時、わたしのことを「しよさま」と呼んでいたが、それは
なんと彼女のあこがれのひとが「まさよし」だったからと告白されて。
女の子の微妙な心理はいまだによくわからない。

まあ、何はともあれ、最近ほんと会社でメンタル的にやられること
が多いこと多いこと。長く会社に勤めるコツはあるていど諦める
ことだと言われるが、まだ私は青いのかしら。

takaoka
20080520233240
残業中。窓から見ると満月とタワー。私都心で働いてるなと、ちょっと自分を慰める(早くかえりたーい!)。願いごとは満月じゃなく新月のがいいらしい。願いが満ちていくから。
日曜日、運動不足と気分のうつうつがあって、友達と運動しようということになって
ジャージを着てジョギングをする。

皇居で実施となったんだけど、なんだかびっくりするくらいランナーが!
ちょうど市民のジョギングイベントと重なってしまったみたい。

お尻にぴたっとするパンツのほうが走りやすいけど、体のラインに自信が
ないし、それがマラソンを敬遠するポイントになるんだけど、
すごく素敵なアイテムを履いている人をみた。

今ってランニングにスカートみたいなのはくんだねー。
かわいいし、そのうち買おうかな。
そしたらもっと走るようになるかな。

スカート
20080515221451
キティがコラボ。
お腹がなったら隣の姉さんがめぐんでくれた。昨日は前の席の秘書さんが。恥ずかしいな、おれ。
中国で大地震が起こりたくさんの人が亡くなっている。
建物がぺちゃんこで、ほんと恐ろしい光景である。

このあいだ茨城沖で地震があったとき、
ゆれまくって、しばらく怖くて眠れなかった。

深夜の地震で起きたことってほとんどないのになあ。

うちが古くて、たぶん欠陥住宅で(玄関がゆがんでる気がする)、
高層だから???にわかに引っ越し熱がうずいちゃう。




会社でコーヒーがぶがぶ飲んじゃう。
なんか分かんないけど、冷え性が加速する気が。

そんなこんなで、どうせ飲むなら体にいいものをと、
会社の横浜市民に仕入れてきてもらったのが、
中国茶専門店「悟空」の薬膳茶。

滋養強壮、解毒、消化器系の働きを助けてくれるらしい。
味もなかなか。

今月から寝る前にスクワットをはじめる。重力に逆らえないからか
下半身がぐだぐだになってる気が。。。

ヨーロッパのどこかの国のことわざに毎日すこしづつ奇麗にしたら
キッチンぴかぴかみたいな、日頃の積み重ねが大事よ的なのが
あるって誰かにきいたけど、私も日々努力するわ。

やばいやばい。
遅ればせながらレンタルして視聴。

レオナルド・ディカプリオそんなに好きじゃないからいいやって思ってたんだけど、
これは見て正解。

改めて、彼は演技派なのねと感心してしまう。

内容的に、アフリカの紛争ダイヤの話でとても社会的問題をえぐっていて
難しい話になっちゃいそうなのに、なんだかアクション映画としても
ものすごく描写がリアルで引きつけられるし、人間ドラマ(家族愛や恋愛も)
としても見どころがしっかりあって、ひきこまれてしまった。

ブラッドダイヤモンド



ちなみに、本日テレビでやってた「さくらん」もつい見ちゃったけど、
カット割りとかビジュアルのきれいさは認めるけど、でもね~って
感じ。絵のイメージと林檎ちゃんの歌はあってたわ。
長いプロモって感じ。

20080509235139


贅沢って言っても、別に食べたものが贅沢っていうわけじゃなく、
時間の過ごし方がってことで。

なんと今の会社に誕生日が同じ人がいて、
いつもよりちょっぴり長く(1.5時間)時間をとり、六本木ゼストにて
3人でお誕生会を開催。

お店の人もいい人達で、ランチだというのに、バースデープレートを作って
くれて歌まで歌ってくれて、プチ感動。

2人は20代、40代。そして、私が30代。年の差があって、かつ、これまで
ほぼほぼ話したこともないけれど、思わず声をかけたら
のりのりで急遽実施となる。

そんでもって、会終了時、次は夜の部を開催することが決まる。

こういう楽しい縁を大事にしてかないとね。

GWは田舎に帰る必要もあり、遠出もできなかったけど、たくさんのお誕生日
メッセージやサプライズイベントを実施してもらえて、幸せだったわん。
ありがとうございましたーー!


高校1年生の女の子が殺されたこの事件。
犯行現場は、下校の際の近道が濃厚らしい。

普段はマンションや消防署の前の人どおりのある
ルートを通っていたらしいけど、
その時彼女は水田の中を通る道を選んだのだろうと。

いつもの道を通っていたら難を逃れたかもしれない
と思うと、なんとも切ない。

そして、変質者、本当に許し難い。


私も高校生の時は自転車で片道1時間の距離を通っていた。
やっぱり大通りを通るまわり道と畑の間の細い道が続く
近道の2択があり、せっかちな自分は近道優先で、
夕方暗くなりかけていた時間、車にのった変質者に尾行されて
本当に怖かった。
(それ以来、帰りはまわり道をするようになったけど)

たまたまその時は善良な第三者が現れて、大事には
至らなかったけど、2,3か月は夜道を帰る時、足が
がくがくしちゃったよなあ。

もうずいぶん前のことなのに、今でもあの時のこと、特ににやにや
車の中からみていたそいつの目は覚えてる。(本当に陰湿で、
人をゆっくりつけてきて、しばらくすると追い抜かし、手前で
停まってにやにや。私が追い越すとまた同じ行為を繰り返して、
本当に怖くて心臓がばくばくしていた)

うちのエリアは、田舎で電灯が少なくて県境だから、隣県から
変態がよくやってきていて、幼い近所の小学生も誘拐されて
殺されたりしていたし、田舎は安心と思いきや、中途半端な
田舎は実は怖いのだと子供時代体感したのよね。

私は眼には眼を、歯には歯をだから、陪審員とかになって、
殺人事件とか担当になったら、よっぽどのことがないかぎり、死刑を
求刑しちゃうと思う。

今日はまりちゃんと夕飯をともにする。
ウズベキスタンのお土産にかわいいストールをもらう♪

yahoo天気で向こうの気温をチェックして20度+αとあったらしいが、
行ったら36度だった日もあったらしい。
(うーん。こりゃあ、あてにならん)

写真を見せてもらいつつ、聞いたお土産話で、ウズベキスタンでは
昔宮殿にいる王様に妾をかき集めるのに、女子をさらっていくことが
ざらで、あまりに馬車で往復するので轍跡が残る通りがあるらしい。

向こうでは当時、女性は顔を隠していたから、さらったあと、宮殿で
秘書が女子をチェックして、王様に献上するに値しない女子の場合は、
返されたらしい。なんじゃ、そりゃあ。


そういえば、今『江戸の歴史は大正時代にねじまげられた』という本を
読んでいるのだけれど、江戸時代にもしょーもない話があって、当時人口に
おける男女比が男3に女1だったためか、足りないものがあるとお互い
貸しあいする文化(お醤油貸して的な)の中で、女日照りの裏店では
「おくさん貸して」が公然となされていたらしい。

子供が生まれると誰がお父さんかわからないので身に覚えがある男衆が
共同で養育するとのこと。

なんじゃそりゃ。
20080505190059
結構夢中に。

GWはお見舞いもあるので、実家に帰る。
私が帰るとなると、姉が姪たちを連れて家に遊びにくる。

顔が似ているからか、精神年齢が近いのか、妙に懐かれて、
一緒に歯のポスターやら標語やら紙粘土やらにいそしむのだ、
普段やらないだけに新鮮。


紙粘土なんて、前はいつ触ったかわかんないや。


「ねえね、ぺんぎん」、「次はカメね」など、続々とオーダーを
もらんだけど、実際作ろうと思うと、どんなだったかわかんない
んだよね~。
しかし、うまく出来るとよだれを垂らすくらい、興奮するので
こっちも真剣に作っちゃった。


GWの我が家ビックニュースといえば、妹が年内には結婚しそうだという
こと。

相手はずいぶん年上の忍者はっとり君に似ている温厚男子。
体もでかけりゃ、気持ちも大きめで、なんとなく北海道の放牧された
牛のよう。おだやかな人である。

妹はとっても優しくて繊細なので、きっと心配事を大丈夫だよと
笑い飛ばしてくれるいい相手ではと思う。姉としては嬉しい。



車がないからガソリンで景気を実感できなかったけど、最近食料品の価格が高くなって、じわじわ感じるわ~。母の日のプレゼント代に節約傾向がみえるとか、新卒が今いる会社で定年まで働きたいが上位にランクインしたとかの記事もみると、なんだか嫌な世の中だなあと。

一度はバブル経験してみたかったー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。