1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21g



一つの心臓をめぐって交錯する、人生ドラマ。人が死ぬ時に21gだけ軽くなる、、、そんなキャッチーなフレーズだったり、友達に勧められたりで、気になっていたので週末視聴。

3つの物語が交錯し、最後に混じりあっていくストーリーのため、時間軸がいったりきたりではじめはちょっと見づらかったりしたけれど、徐々に惹きこまれる。

昔はそうは思わなかったけれど、大人になってから、まったく縁のなかった人と人が、実は共通の友人や出来事で強くつながっていて、新たな強い関係性ができるという事象に出会うことが多くなったので、映画的ではあったけどなんだかリアルな感じがした。

人生は輝かしい、でも重く耐えがたい。それでも希望を持って生きていかなければならない、生きていこう。そんなメッセージも感じてみたりした。いい映画だけれど、今の私はもっと明るいものをみたほうがよかったかしら。


それと、ショーン・ペンがすごくかっこいい。昔は全然その魅力がわからなかったけれど、強さの中にナイーブな部分が見える。これが男の色気か。ナオミ・ワッツのことを愛しそうに悲しそうに見つめる表情はなんともいえず素敵なのだ。

スポンサーサイト
仕事の絡みでお取引先とフットサルをやることに。
簡単に見えるけど本当に難しいし疲れる。走りながらボール蹴るなんて神業。
社内の他部署が中心で動いてるプロジェクトの一環だから知らない人ばかりだったけど体を一緒に動かせて楽しかったな。既に筋肉痛が~。
20071127232832

会社の上司と帰りが一緒になり、夕御飯をごちそうになることに。
美味しいうなぎを神楽坂で食べる。

40代、バブルを知っている上司は美味しいお店をたくさん知っている。
ふんわりして身の厚い美味しいうなぎにお吸い物、最後にお抹茶も
ついてきて大満足。

上司は部下がすべて女子の組織で、色々と難しい立場にいて、
どうやって皆のベクトルをあわせ、一丸となって進めばいいか
思い悩んでいるらしい。

あまり管理せずのびのびやってもらうことを良しとする上司
であるが、男性であるがゆえなのか細かい配慮まで求めることは
難しく、部下である女性陣は、自由にやることはもちろんウェルカム
だけれど、きちんとした道筋をつけ、外圧からはきっちり守って
欲しいと思っていて、上司たるもの(こうあるべきだ)感と
仕事に対するプライドが高く、経験がゆえにする彼のアドバイスが
勘に触るらしく、なんとなく尖った空気感が流れているうちの組織。

私は中立の立場にいるけれど、なんとなく息苦しい。
早く雪解けしてほしいんだけどなあ。
私なりにこうしたらいいんじゃないかなということはお伝え
してみたけれど、こういうのってほんと難しい。


20071126233449

病院めぐりの途中、母が車でつぶやいた。
「ほらほら、きれいだよ~」

ちょうど夕日が落ちるところだった。土手をさしかかっていた
ところだったので、周りにさえぎるものがなく、肉眼で見る
夕日は本当に奇麗だった。

連休明け、会社に行くと、四国、九州、長野と皆が旅行に
行ったお土産を頂いて、遠くに旅に行けるのがちょっぴり
うらやましかったりもしたけれど、今うちの状況が大変な
おかげで家族と色々と深い話ができるというのも素敵な
ことだと最近は感じる。

いつも明るくへこたれない母を尊敬し、母を支えて
看病を手伝いつつ自分の夢のために勉強を頑張る妹を
尊敬するし、気持ちのアップダウンはありながらも
へこたれず三度目の手術に立ち向かう父も尊敬する。
二度危ない状況に陥りながら、はやくお家に帰りたいと
ベットで頑張るおばあちゃんにも励まされる。

私の家族は自慢の家族だ。

姉は子供、私は仕事でがっつりお家の手伝いはできないけれど、
二人が健康を取り戻して、あの時は大変だったねと話せる日が
くるに違いない。


電車のなかは暇だからついつい人間観察。隣にいる初老?の夫婦、旦那が相当うざい。ずっと爪楊枝を加えて口をシッシと鳴らしつつ、奥さんにビール、買ってこいよと言っている。かつ、周りに立っている乗客をみつつ、あいつは美人、あいつはブスとうるさいのなんのって。こんなおやじを我々が年金で支えていると思うとぞっとする。
20071116013056
チキンとコリアンダーの炊き込みご飯。ペルー料理はなかなか旨い。

20071112234957


体が凝るの。そうすると、頭の中はマッサージと温泉でいっぱいに
なり、初めて大江戸温泉に行ってしまった。
(やはり上州っこは温泉身近だからねえ。)

大江戸温泉は台場ってちょっと面倒くさいところにあるけれど、
ラクーアほど混んでないし、天井高だから開放感はあるな。

しかし、ちょっと浴衣が趣味が悪い。あれで選べって言われても
こまる。もうどれでもいいっすと言う感じで手近なやつをチョイス。

江戸ってテーマはそれはそれなりにって感じだけど、なぜ
江戸にドクターフィッシュがいるのか、謎だ(しかも、
別料金)。

やっぱし普通に温泉行きたい。入ったあとの肌の保湿感や
もっちり感は偽物と本物では違うのだ。

実家に帰った時に足を延ばすしかないかなあ。
なかなか病院めぐりをしていると自分だけ行くのも行きづらい
と思っちゃうんだけどねえ。。。


かんまにさん、うたさん、お幸せに♪
二人はとってもお似合いだった。やけに和装が
決まってた!

あの小さな仕事部屋で、らぶらぶカップルが二組も
生まれたのね~。

そう考えると感慨深い。
結婚!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。