1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
唯川恵の小説「ベター・ハーフ」を読む。すごーいリアル。
リアルすぎ。結婚を幸せのゴールにしていた商社・一般職で
バブル時代のOLである主人公が、代理店の出来る男の人と
結婚したと思ったら、結婚式当日には彼がつまみぐいしていた
女の子が手首を切るところからはじまって、お互いの浮気、
家庭内別居。別れようと思った時に子宝に恵まれて持ち直した
と思ったら、順風満帆なはずの彼がリストラ対策のあおりで無職に。

華やかな仕事をしたことしかなかった主人公が家庭のためにパートに
出て、夫婦生活がマンネリ化のあまり、子どもの教育に目が向いて
進学校に入れるために奔走。でも、最終的には文句をいっても
こうやって小さな幸せの中で時を重ねていくこともわるくない的な
最終章。。。

 結婚に対して過度の期待はしていないので、この主人公のような
落胆を自分は味あわないと思うけど、長い道のりを歩む際本当に
苦楽をともにするんだろうなと思うと、もちろん条件面も大切だけど、
ギブアンドテイクだけじゃなく、与えても見返りを求めないくらい
存在自体が大事な人で一緒にいて居心地のいい人を見つけるのが
縁側でじじいばばあになった時でも仲良くいられるポイントなのかも
しれないなと思っちゃた。

 ところで、辻仁成の小説「サヨナライツカ」も読んだけど、こっち
はなぜか腹たった。男のロマンなのかもしれないけど、野心のある
好青年が自分の定めたレールから外れず、婚約者ある身で情熱的な
三か月の恋をする。その相手は絶世の美女で、彼女は彼のことが
一生忘れられず独身を通し、晩年に再会し。。。的な。

 自分は良妻賢母の嫁を持ちつつ、どっちの女性も大切!しかし
情熱をもって愛していたのはあなた(絶世の美女)だ的な感慨。。。

女性は男性より現実的だから、過去の夢のような恋愛だけを胸に
一生独りで過ごすなんて、そんなのありえないだろうと思っちゃう。

(彼も自分だけを愛してくれて、仕方なく死別しちゃうとかは別だけどさ)

やっぱりその過去の思い出は大切にしながらも、未来を一緒に
歩んでくれる男のほうが、過去の輝かしい男よりもよっぽど
大切になるけどね。私が現実主義者なのかな。


ベターハーフ

スポンサーサイト
クイーン


ダイアナ死後、7日間のエリザベス女王の心の葛藤と行動を描いた
「QUEEN」。
ヴェネチア国際映画祭最優秀主演女優賞ほか、たくさんの映画賞を
受賞した作品だったし、すごく興味があってもともと見たかったん
だけど、じわじわと考えさせられるいい映画だった。

ストーリーは、チャーミングでパフォーマンスが上手く英国民を
魅了していたダイアナが、パパラッチに追いかけられたことが
きっかけで恋人とともに自動車事故で亡くなる。

その際彼女は既に王室の人間ではなかったので国葬の義務はなかったが、
王室がリアクションをしないことに人民のプリンセスと慕われた
ダイアナの悲劇に国民が同情し、英国王室やエリザベス女王に非難が
集中、嫁姑の不仲説からさんざんマスコミにたたかれ、王室を守る
ために混乱のさなかにおいても、女王は気品を保ちながらある行動に
打ってでるといった感じのもの。


気品ってなんだろう。与えられた個人の使命と責任の大きさ
(外的環境)によって?
それともDNAによって?どちらの影響が色濃いのかな、などと
思いつつ、ヘレン・ミレン演じる女王の演技に魅了されながら、
没頭させられまくった。

こういうのを作れてしまう英国ってすごいな。エリザベスの視点で
作ったら、また全く違う映画になっちゃうよね。

英国王室=伝統と気品をイメージさせるためにふさわしいPRの側面も
結構感じたけど、何はともあれ、一見の価値ありだ~。

気品ある女性はいくつになっても素敵。
20070427193529

日比谷に行った時に久々に食べたけどここのスーラーは私の中の
スーラーランキング1番じゃないかしら。辛く酸っぱくはんぱないん
だけどとろみのあるスープによりマイルドになっていて絶妙。

G時代ガミガミ先生に教えてもらい、初めてスーラー湯麺を知って
まだスーラー歴は短いけど、ラーメンといえばやっぱスーラーだな。

今日は今日で、えりんぎさんに連れてってもらい、恵比寿の「キムカツ」に初挑戦。

ご飯とお味噌汁、おしんこをつけて1900円とお高めだけど、噂に
名高いだけあって、ほんとに美味しいとんかつだった。
お肉をミルフィーユのように重ねて作る製法で、ふわっ、さくって
のが倍増した食感。満足満足。我々食いしん坊チームだったから、
赤坂で美味しいランチが食べられなくなるのはほんと残念だね。

4月から有給に入ったので、就職活動なるものを本格的に
始めているが、結構気持ちがアップダウンするもんだなあと
最近実感。

今まで働きまん的な会社にしかいなかったし、かつ、今の(?)
会社は経営状況がタイタニック的になってしまったので、ベンチャー
に対してちょっとだけトラウマができてしまって安定志向の会社を
目指してしまう。ある程度規模があって、長い目で見て
適度な忙しさで働ける会社って見つけるの難しいのかなあ。。。
職種に対する募集人員の少なさもあるんだけど。。。


バンクのエージェントさんも今までの経歴を見て、がっちり働き
ましょ~系の会社の紹介ばかりが多く、公私の充実をはかるために
少しペースを落としたいと言ったら、一蹴されてしゅんとしてしまった。

明日は明日で、少しのんびりしたペースで働けそうな大手企業さん
に面接の機会を設けてもらったのだが、SPI試験があるらしい。
合格率30%くらいらしいが、数学が全然できないから自信なし。。。

めげずに頑張るしかないなあ。。。
20070422210102
筍御飯とおみそ汁に調理。美味しくて食べ過ぎた~。
お米の研ぎ汁で十分あく抜きって出来るようだ。

自分で料理するようになると、外食の味付けがいかに濃い目だって
ことがよくわかる。美味しいものたくさん自分で作ってみたいなあ。

参考にしたのは、このサイト。食材から料理法を選べるので
結構便利なんだよ~。
20070420220900
苺狩り。30分食べ放題との事で大型ビニールハウスに入って苺にぱくついた。コンデンスミルクを用意して貰ってつけて食べるんだけどつけなくても十分美味しい。食べ過ぎた~。

しかも帰りにお土産としてカツオ1本と筍1kgまでもらえちゃうというあらゆるタイアップによるおいしいところどりの企画だった。

そして、一緒にバスに乗ってる方々は、ご夫婦やお友達と来ている
団塊世代以上の方が多かったんだけれど、みな旅慣れている御様子。
こんなのもあるから行ってみなさいよ!とクチコまれて、それも
また面白かった。



20070420084545

日帰りで焼津まで行ってお寿司や苺狩りやShoppingができるバスツアー(5000円と破格)に参戦中。朝6時起きは辛かったけど天気が良くて嬉しいな。おもいっきりテレビに紹介されたらしく結構人気で満席らしい。O嬢はどうやって見つけてきたのか。横浜で合流したらきいてみようっと。
20070418212509
可愛いねぇ。ママ似だった。ちびっこなんて昔は興味なかったのに、最近は子供のいる生活憧れるなあ。

姉が言ってたけど子供がいると制限が多いし、私みたいに好き勝手してるのもうらやましいらしい。無い物ねだりなのかな。
東野圭吾さんの小説。体中に和彫りのタトゥーを入れた読書家の
美容師さんと話をしていた時に、東野圭吾のお勧め小説ということ
で教えてもらった一冊だ。

やらなきゃならないことがあったのに、読むのがやめられない。
あっという間に読んでしまった。
ボリュームもちょうどよく、伏線も色々張ってあって、
ミステリー好きにはお勧めだな。

課題は明日頑張ろう。とほほ。。。でも面白かった。
20070415223123
週末はお祖母ちゃんのお見舞いに。
お祖母ちゃんは相部屋ではなくまだ個室だったけど
前回は蝋人形みたいな顔色が今回は血色が良くなっていて一安心。
早くリハビリして車椅子に乗って動けるようになりたいという。ただ内臓がもう働かなくなっていて、秋の空のように一日ついていると元気なときと熱がでてがたがた震えている時があってまだまだ不安な状態ではある。
元気なときに私と妹にお母さんをよろしくねと頼み、あんたたちも気持ちの優しい人を見つけて安心させてねと言われたり、戦争の時の大変な話しをしながらお祖母ちゃんはこれしきの事で(大変なんて言っちゃいけない)まだまだ幸せだし頑張らなきゃという。
すごく逞しくい。改めて尊敬だ。
日曜日は姪っ子たちが遊びに来て一緒に土手へ。
素直で可愛い。私たち同様生きるか死ぬかの苦労は知らない世代。私も大人になってお祖母ちゃん達のリアルな戦争体験を聞き、ご老人に尊敬と敬意を感じたり普通に平和な世の中で生きてるだけで幸せなことを実感したけど、こういう話しを彼女達が大きくなったら伝えてあげなきゃとおもった。
20070415220252
地平線を隔てる建物がなにもない光景。こんなふかふかの土の上を歩いたのは久しぶり。栄養が詰まった美味しい野菜ができるところ。やっぱり自分の育った土地はいいな。
20070414012945

まだちょっと有給が残っているけど、本日が最終出社だった。
文化祭の前夜祭みたいな会社だったなあ。
すごくいい仲間はたくさんできてその点には本当に感謝している
けど、楽しいことや派手なことだけを追い求めていて、
「存続と発展」への強烈なコミットがない少しぬるーい体質。

もちろんがむしゃらに働くことだけを良しとしないけど、小さな
会社で一緒に頑張っていた仲間の首を突然切ったり、中に残る
人間へ今後の方針を伝えることもしない、フォローもない。。。
これでは人がついていかなくても仕方ないのではないかなと思う。

ただ、仕事をしてきたことに全くといって後悔はない。社内にも
社外にもいい仲間ができたから。
そんでもって、かなりエンタメ会社だったから、今までに経験
したことがないことも経験させてもらって、真面目な私は、
多少ゆるく、ずぶとくなることを教えてもらった気がする。

人生アップダウンが多いほうが人間に深みもでるし、人にも
優しくなれるっしょ。

明日はお祖母ちゃんのお見舞いだ!起死回生で、個室から
相部屋に移ったし、病院のご飯は美味しくないから
こっそりばあちゃんの好きなあんこの和菓子を持っていこう!
入れ歯を外してても口の中でとけちゃう最中みたいなやつ。
20070411004316

残務処理で赤坂に。勤務地が赤坂だったおかげで美味しいお店を
たくさん開拓できたなあ。

ここ「おんがね」もその一つ。味もいいけど、ここの料理は
野菜や滋養のつくものが多くて健康・美容にいいと思う。

ランチはリーズナブルで800~900円程度で楽しめるし、テーブル
にはオイキムチなど山盛りに盛られてて好きなだけ食べられるの
もうれしい。

夜は夜でお値段がお高めだけど、韓国料理って肉じゃなく野菜が
たくさん食べられるもんなんだって認識がかわるくらいヘルシー
メニューがたくさん。

ママが結構いい年齢のはずなのに美肌で、韓国女優的な白くて
発光した感じの肌をしているのだけど、やっぱり美容は食が
大切なのかなと思わせられるのだよねー。

これでお店の人の笑顔やサービスがよければもっといいんだけど
ねえ(笑)
今日も予約の電話がランチ時2本くらいかかってきたけど、
5時以降に電話してくださいとがちゃりと切っていてびびった。
20070409183854


丸の内、パシフィックセンチュリープレイス1FにあるPAULに。
パンも美味しいけど、ここのランチはツナサラダかハーブチキン
サラダだなあ。大きなお皿に大量のサラダ、パンもついて900円台。
パンはおかわりできて、色々な種類のが楽しめる。

しゅうかつで丸の内に出ていったのだが、みさちゃんと話をして
行きたいところとか何を重視したいのか少し交通整理ができた。
ありがたい!

内定頂いたところに返事を迫られていたが、今回はお断りして、
長い目でみて選択しようと思った。
年齢的にできれば最後の転職にしたいし。頑張ろうっと。

知り合いの編集さんの間で囲碁クラブなるものが結成されており
月一の会に参加を始めた。

囲碁~。将棋さえしたことないのにわかんないし、どうかなあと
思ったけど頭を使うゲームなのね。

大将をとればいい将棋と違って、陣取り合戦というだけあって
全体最適化をしなくてはいけないので、戦略が必要とのこと。

世の経営者が好む遊戯らしく、脳を鍛えられる元祖脳ゲーだ。

難しい。なんだかまだよくわからない。
でも勝てるとなんだか嬉しい。

ついつい図書館で借りてしまった本は「子どもと始める囲碁」。
だって、頭がたりなくて、なかなか勝てないんだもん。
負け続けるのも悔しいしね。結構負けず嫌いなんだわ。

囲碁

20070406191901
友達が泊まりにくることになり夕御飯を作る。いつもなら会社にいる時間。新鮮だ。手際が良くないのは慣れていないせいだけど、世の奥様方は毎日多品目作ってエライと思う。しかしながら作業しながらラジオって結構聞いちゃうもんで秀島ふみかさん最近好きだな。
遅ればせながら「不都合な真実」を観てきた。
(日中映画を見られる生活なんて素敵すぎる!久々の
レディースデー特典<水曜1000円>も嬉しい。)

地球温暖化の現状を数値データや映像でまざまざと
見せられてここまで来てるのねと改めて危機感を感じる。

私たちが子どもの頃にオゾン層破壊しちゃうからフロンガスは
禁止みたいなこともあったけど、そのころは自分が子どもだった
からなのか、あほだったからなのか、あまり環境が破壊されている
実感なかった。

けど、今の異常気象って数値データでなく環境破壊を身近で
感じられるもんなあ。
この冬は東京で降雪と言える降雪もなかったし、夏は恐ろしいくらい
暑くて死者も出てるし。

地球環境も大事だけど、自分が快適に楽しく生きることのが大事って
気持もないわけじゃないけど、そんな人ほど環境大切にしなくちゃいけないんだろうな。
そもそも環境が破壊されても地球は残るけど、人は環境変化に対応
できずしんじゃうんだから。

そんなこんな思ってみて、小さなことから始めようと思う。

それと、こういう重要なことを伝えるのに、感性に訴える映画を
使うのってすごくいい手段だと思った。


今日は会社に荷物を片付けに。

社内はまさにしーーーんとした空家状態。
スペースが広くてきれいなだけに物悲しさがひとしおです。

気を取り直して、同僚たちとランチをし、その後クライアント
さんとメディアさんをつなぐべく挨拶まわりに。

神宮前にあるファッション系の担当編集さんは
おしゃれなナイスガイ。物腰も柔らかく、前に女性誌の編集
にいたというのは納得の人で、本日引き合わせをした
クライアントの女子もおしゃれでいつもお化粧の最後に
キラキラ入りのお粉をつけているのかキラキラなお姉さんで
二人はきっと気が合うことだろう。

ちょっと異質なにこにこも交え、3人でお茶をしながら、コスメの
話をして、記事として取り上げてもらえることが決定した。
(よかった~。)

お見合いおばちゃんじゃないけど、仲よくなれそうな
人をつないで、感謝されるのはうれしいことだ。
これから治ってくと思うんだけど、結構ストレスがかかっていたのか
髪がなんだか脂っぽくて。
気になると騒いでいたら、弓がシャンプーチェンジを勧めてきた。

ナチュラルヘアエステ スーパーナチュラルモイスチュア シャンプー
というらしい。パッケージはあんま可愛くないけど、激しく薦めるから
こりゃものの試しにと思ってトライしたんだが、なかなか買いの一品。

グレープフルーツ系の香りは、まあまあそこそこだが、
頭皮がすっきりし、かつ相反するけど、しっとりつややかな
洗い上がり感がするのよ。これで頭皮にできたニキビも解消するかなあ。
値段は3600円とお高めなんだけどさ。

けど、O嬢も「シャンプーは市販のものじゃなく絶対サロンのもの!」って言っていたけど、世の中の女子は市販ものとサロンものどっちを使用するのがメジャーなのかしら?!私はかなり長い間生きてきたけど、ずっと市販ものだったので、価格設定にびっくりした。


20070401223617
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。