1日1ニコ

ニコニコ教の教えを胸に、歩んできたこの道・・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合併で同じ市になった藪塚にも有名な温泉があったので、
週末ちょこっと行ってみた。

藪塚温泉は新田義貞が鎌倉攻めの時、負傷兵をここで療養
させたことから「新田義貞の隠し湯」とも言われている、実に歴史深い
温泉。

その割には温泉宿はほとんどなく、静かで鄙を感じる里なんだけれど、
近くになぜかものすごい数の蛇が飼育されるスネークセンターがあったり、
江戸の風俗とかからくり屋敷とかを展示している三日月村があったりする
不思議なエリアなのである。

疲労回復に効くこの藪塚温泉、日帰り入浴1100円也。(ホテルふせじま価格)

無味無臭であまり温泉感はなかったけれど、里だけに人の気配を感じず、
ホテルの上の方に作られた展望風呂には昼間でも安心して入れる。
この季節、山の上の桜の花びらが風に舞ってお風呂に浮かんだり、ウグイスさんの
素敵な鳴き声に癒されてなかなか気分上場で帰れたのだった。

t

スポンサーサイト
夏休みとして、今週末は今日含めて三連休。
きゃあ。嬉しい。

長い休みが取れなくても、素敵な休みの過ごし方があると
『metro min』も提唱しているけれど、私も全くそう思う
(多少負け惜しみもあるが…)。

そんなこんなでやっぱりお休みがなかなかとれない友と、
ゆったりのんびり横浜散策。

港町のモダンを求めて山手のほうを日傘をさしさし行ったんだけれど
旧洋館は本当に女子心に響く~。特に気に入ったのが、べーリックホール。
ベーリックホール

ベーリックホール2


べーリックホールは、英国の貿易商ベリックさんの私邸だった
らしいけれど、スパニッシュ様式の建物は、バラが咲き誇る庭と
あいまっておとぎ話の世界に迷いこんだのではと思えるほど
美しいのだ。

内部も、壁の色が異なるお部屋にセンスのいい調度品があしらわれて
いて、ホールはホールで天井高で開放感があり、
暖炉もあったりして、ほんと魅入られた~。横浜っておしゃれな
ものがたくさんあるわぁ。

そしてこちらは入れなかったけれど、素敵だった山手資料館。
隣りにビアガーデンが併設されていて、普段だったら絶対「生!」と
叫んでしまうところだが、女子心をやられていたので、シャンパン
とかにしてしまった。

山手資料館



山手散策は、女子力アップしたい時にお薦め。
大人になって好きになったものの一つが落語。
最近お笑い芸人さんも色々な番組で司会張るくらい
人気だけど、やっぱり芸の深さで言ったら落語だなあと
思う。

浅草演芸ホールに行ってきたけど、老若男女で超満員。
大人2500円で11:00から見ようと思えばそれこそ21時過ぎまで
プロの笑いがぶっ通しで見られるなんてほーんとお得。
(しかもビール飲みながら気軽にさ)

噺家さんたちは、昔の演目から最近の世相を取り入れた話題まで
自由自在に取り入れて、あんなに笑わせてくれるところって
ないもんね。

隣の人や前の人が「ぶふっ」って笑い出したり、声を殺して
背中がくっくと揺れ動く姿がまた笑いを誘うんだよね。
お客同士で話をしたりもしちゃったりするし。
やっぱり落語はライブが一番。

金馬師匠も川柳も歌之介も小三治師匠も、落語界自体は
よく分らないから誰が偉いのかとかはさっぱり分らないけど、
なんだか気持を晴れやかにしたい時や心からわっはっはと笑いたい
時はこれに限ると思う。

20060405231518
結婚式ラッシュ。披露宴で歌を歌う室長が一緒に歌うKさんとの練習のためにギターをもってきて、われわれの部屋においてありました。
夜もふけて来てそろそろ疲れがでてきたその頃に、ギターを取り出して
ミニライブの始まり。
びっくりすることに、仲間がわいわいあつまってきたのですが、結構皆ギターも弾けるし歌もうまい。
疲れもふっとぶエンタメ会社の夜のお楽しみ時間でした。
hitotoki




 あんまり詳しいことは知らないが、ボサノバを作ったのがこのおじいちゃまらしい。なんだか優しい声で癒される。最近、夜寝る前の寝酒ならぬ寝音楽になりつつあるジルベルトおじいちゃま。

 いくつになっても自分を持ってる人って輝いてて素敵なのだ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。